赤ちゃんの抱き方|ベビーシューズを上手に選ぶことで足も正しく成長します

赤ちゃんの抱き方

ママと乳児

赤ちゃんの気持になって抱っこする

お子さんが生まれたら、産婦人科の方からミルクの飲ませ方やお風呂の入れ方などは教えてもらうことができますが、抱っこの仕方まで教えてくれる産婦人科はなかなか少ないものです。間違った抱き方をしていると、赤ちゃんも居心地が悪いですし、お母さんも腕が痛くなったりなどどちらにとってもよくありません。抱っこの仕方がわからない場合は、まずは自分が抱っこされたらどのような状態が良いのか想像してみて、赤ちゃんのために抱き方を学んでみましょう。

抱っこ紐を活用する

赤ちゃんを抱っこするなら、身体がねじれてしまわないように抱っこしましょう。両腕で輪っかを作り、そこで赤ちゃんのお尻を支えるように抱っこすることで左右対称に抱っこすることができます。その際は、抱っこひもを使うと比較的楽に抱っこすることができますし、正しい位置で抱っこすることができるのでおすすめです。赤ちゃんにも負担をかけないことが大切ですが、お母さん自身も疲れてしまわないように上手に抱っこ紐を活用しましょう。

広告募集中